イノセントカプセル

追憶 /5

 それから半月が過ぎ、季節は秋になった。
 深青園の情報は見つからないが、美月は最近すごく落ち着いている。陽太との暮らしに慣れたせいだろうか。少しの距離ならひとりで外出することもある。
 いつもの曲をポータブルオーディオで聴きながら買い物をしたりしている。
 しかし、あのアパートからそんなに離れてもいないため、陽太は気を付けるように言っていた。
「あの公園、行かないの? 」
 陽太が休憩室で昼食をとっていると佳保が突然話しかけてきた。
「公園? なんでですか? 」
 佳保は陽太の斜め前のイスに座った。
「ずっと通ってたじゃない。真夏にまで通ってたから、涼しくなったらまた通うのかと思ってた」
 佳保の言葉はどこか角があった。視線も合わせることはない。
「あー、もういいんです。面倒だし」
 お気に入りだったあの公園。本当はまた通いたいが、そこで例の男と鉢合わせになる訳にはいかない。
「もういいんだ。そりゃ用事が済めばもういいわよね」
「あの、どうしたんですか? 」
 佳保の攻撃的な発言に割り箸を持つ手が止まった。
「……美月ちゃんて、料理とかはしないの? 」
 陽太のコンビニ弁当を覗きながら話す佳保。
「……しないみたいですよ」
「でも、お買い物はするのね」
 唾を飲む陽太。背中に冷や汗をかく。
 警戒するべき人間は例の男だけではなかった。
「遊びに来たときに……買い物、頼んだり……」
「嘘つかないで! 」
 佳保の声は部屋にこだました。
 パートのおばちゃんと昼食時間が異なった日だったのが幸いで、部屋には二人の他に誰も居なかった。
「ごめんなさい……。大きな声出して」俯く佳保。
「いえ……」
「見かけちゃったの。あのスーパー、私も行くから。三回くらいかな? 向こうは気付いてないみたいだった」
「そうですか……」
 何から話せばいいのか、陽太の頭は真っ白になってしまった。
「従兄弟じゃないんでしょ? 荷物全部忘れて家出って冷静に考えると有り得ないし」
「……はい……ごめんなさい……」
「別に謝って欲しいわけじゃないの。ただ、嘘をつかれたことが悲しかっただけ」
 佳保は若干鼻水まじりの声でそう言った。
「……そう、ですよね。……でも、何から話していいかとか解らなくて」
 陽太は佳保の顔を見られずに弁当の中を見つめていた。
「あの公園で知り合ったんでしょ? 」
「それは違います! 」大きな声と共に立ち上がってしまう陽太。
 佳保は驚いて目を見開き、普段とは違う陽太に震えた。
「すみません……。あの公園では……再会しただけなんです」
「再会? 」
 そっとイスに座る陽太。パイプイスのゴムがギシギシ音を立てる。
「美月とは昔からの知り合いで、公園で偶然会って、あいつ困ってたから……それで……」
「昔って、学校の同級生とか? 」
「いや、もっと前で」
「幼稚園? 」
 陽太は何も話せなくなって固まった。
「あ、いつか話してた無戸籍とかと関係あるの? 」
「これ以上は、話せません」
 そう言って陽太は再び弁当を食べ始めた。
「何で? 私、色々協力して……」
 協力してあげたのにと言いたかった佳保だったが、恩着せがましく感じたので言葉を飲んだ。
「浅沼さんには感謝しています。でも、誰にだって知られたくない過去とかあるでしょ」
 目も合わさず、冷たく聞こえる陽太の言葉に佳保の目から一筋の涙が零れた。
「……そうだよね。ごめんね」慌てて涙をぬぐう佳保。
 陽太は見ないふりをして、聞こえないふりをしていた。
 そして自分を責めた。仕事のことだけではなく、プライベートなことに誠実に付き合ってくれた人を突き放して煙たがっている現状に胸が痛んだ。
 しかし、施設時代のことはどうしても話せなかった。恥ずかしいからではなく、本当の家族として何もない自分を受け入れてくれた両親と弟、周防家のために。
 手の付けない弁当箱を手提げに戻して、佳保は席を離れた。
「……周防くん」
 ビクッとする陽太。
「私、周防くんのこと好きだったんだよ」
 それは何となく気付いていた。
「でも無理ね。美月ちゃんにはかなわないわ」
「美月とは別に……」
「もう、どうでもいいよ」
 陽太の言葉はかき消され、佳保は足早に部屋を出て行った。
 ひとり残された陽太。
 机を拳で思い切り殴った。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 66ページ
このページを編集する