イノセントカプセル

真実 /2

 村田邸から深川夫妻が住んでいた家まで五十メートルもなかった。
 坂道を少し上ると広い空き地の隅に二階建ての家がポツンと建っていた。青い屋根が特徴的なその家に古いという印象は受けない。普通に何処にでもある家だ。
「庭の草は私が刈ってるんですよ。部屋もホコリがたまらないように定期的に掃除してます」
 陽太は納得といった感じで頷いた。
「売りに出してはいるんですがね、事故物件となると厳しくてですね」
「そうですよね」
「すみません、こんな話。でも、あれからずっとそのままで、まるであなたたちを待っていたかのようですな」
 陽太と重彦は微笑み会った。
「どうぞ、お二人だけでゆっくり見てやってください」
 帰るときには声をかけてと言い残し、重彦は来た道を戻っていった。
「入ろうか? 」
 玄関の戸に触れる陽太。勿論表札はない。
「園長のお化けに会えるかもね」
 二人は笑いながら横開きのドアを開けた。
 ガラガラと音を立てるドア。玄関はコンクリートがむき出しになっていた。
 二つ並んだスリッパは重彦が用意した物だ。
 玄関マットのない玄関に足を踏み入れる二人。そこからまっすぐ伸びる廊下は外からの光を反射して艶やかに光っている。ずっと人が住んでいない家だとは思えないくらいキレイだった。
「深青園に似てるね」美月が言った。
 長い廊下を縁側にして庭が広がっていた深青園。そして、今目の前にある長い廊下と庭に出られる大きな窓。
「確かに、似てるな」
 そんな廊下を隔てた反対側が六畳の居間になっていた。襖が開けっ放しなので自然と中に目が入る。
 家の中の物は全て持って行かれたと聞いていたが、大きな家具は残っていた。
 テーブルが部屋の真ん中にドンと置かれ、茶タンスが壁のすみに静かに身を済ましている。中に入っている物はなさそうだ。
 陽太は本当は近くに行って見たかった。ただ、この部屋で園長夫妻が亡くなったことを考えると足がすくんで入れなかった。天井を見上げることなんて絶対に無理だ。
「なんで死んじゃったんだろう? 」
 陽太が隣を見ると、美月が天井を見つめていた。
「さあ……何でだろう……」
 美月はスリッパを脱いで茶タンスに駆け寄った。
 怖がっていると思われたくない陽太もゆっくり美月のそばへ行く。
 茶タンスの引き出しや扉を開けて中身をチェックする美月。
「何にもないだろ? 」
「うん。でも、なにか手がかりがあるかもしれないから」
「だったら、他の部屋も探そう」
 懸命な美月に陽太は少し弱音を吐いた。
 台所には冷蔵庫と食器棚がそのままにされていた。勿論美月は中を確かめる。シンクの下の収納もしっかり目を通していた。
「なんか、変な感じだよな。ここで園長たちが暮らしていたなんて」
 現実を見ている美月の横で非現実的な陽太が哀愁に包まれていた。
「陽太くん、なにか感じるの? 」
「いや、ついこの間まで深青園のことなんて忘れて生活してたのに、今美月とこんな所にいるのが不思議だなって思ってさ」
 美月の手がとまる。
「私も、また陽太くんに会えるなんて思ってなかった」
「ああ、そういえば気になってたんだけど、いつから公園にいたの? 」
 美月は冷蔵庫に頭を突っ込んだ。
「……一年前くらい」恥ずかしそうに言う。
「そんなに前から! 」
「最初はアパートの廊下から見てたの。一歩進むのに勇気がなくて……」
「それであんな少しずつ? 」
 陽太は一直線上に美月が一メートルずつ向かって来ていた映像が頭に浮かんだ。
「あれは……何でかな? あの頃は自閉症的な行動が頻繁に起きて、青い物に執着したり……」
「だからあのポータブル……」
「陽太くんだって気付くまで時間掛かってたの」
 ゆっくり冷蔵庫から頭を出す美月。
「でも、気付いてくれて良かった」
「ホントに? こんなに迷惑掛けてるのに」
「うん」とだけ言って微笑む陽太。迷惑を掛けられてるなんて思ったことはなかった。何にもない日常に美月がいることで陽太は救われていたのだ。
 誰かのために一生懸命になることは幸せなことだと知った。
 二人は風呂やトイレまでしっかりとチェックする。
 十五年も経つのに古い気がしないのは重彦が丁寧に掃除をしていた証拠だ。
「あとは二階だな」
「うん」
 傾斜のゆるい階段には手すりが備え付けてある。陽太は階段を上りながら老いた二人を想像した。しかし浮かんでくるのは深青園にいたころの姿ばかりである。
「園長先生たち、ここ上ってたのかな? 」
 美月も似たようなことを考えていたのだろう。
「下には寝室らしき部屋はなかったから、二階で寝てたんじゃないかな」
 一階は居間の他に小さな和室があるだけだった。
「深青園のときは居間で寝たりしたよね」
「夏はあそこが一番風通りが良かったからな」
 二階の廊下には小さな窓がひとつしかなかった。なので少し薄暗い。
 部屋のドアは二つあり、デザインが洋室であることを感じさせた。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 66ページ
このページを編集する