イノセントカプセル

真実 /5

 山の中に立てられた異質な建物。その化学工場では新薬の研究がされている。表向きはそういうことになっていたが、実際はヒトのクローン製造、臓器売買といった恐ろしいことが行われていた。
 その日、美月はいつも通り車で送り届けられた。違うのはいつも付き添っている真田の運転ではなかったこと。
 美月はこの工場が嫌いだった。ただ、真田が居たから我慢ができた。
 心細い少女を大人は強引に手を引き、中へ連れ込む。
 真っ直ぐ伸びる白い廊下。薬品の匂い、清潔な白、冷静な空気、それはどこか病院と似ていた。
 いつも連れて行かれる部屋ではなく、応接室のような部屋へ連れて行かれる美月。
 男は美月にソファーに座るよう指示した。
 一度廊下に出た男。誰かと話しているが美月には内容が解らなかった。
 部屋に戻ってきた男の手には缶ジュースが握られていた。そして当たり前のようにジュースは美月に手渡された。
「これを飲んで待っていなさい」
 男の冷たい言葉に美月は怯えながら頷いた。
 男がまた部屋を去る。今度は話し声はしなかった。
 美月は言われた通り口の開いた缶ジュースを飲んだ。ひとくち、もうひとくち、ゆっくりジュースを飲んでいく。
 ジュースを飲むごとに眠くなる。うとうとし始めた美月。
 廊下の外では黒服の男が三人、ドアに耳をたて部屋の音を聴いていた。
「何してるんですか? 」
 そこに現れたのは真田だった。
 ガタンッ――。
 床に何かが落ちる音がした。
 三人の男たちが急いで部屋に入る。真田はそれを追った。
 床にはジュースの缶が落ちている。そして美月はソファーの上で眠っていた。
 その様子を見て、真田は男たちが美月にしたことに気付いた。
 真田の気配に男の一人が慌てて美月を抱き上げる。
 その美月に近づこうとする真田を残りの二人が必死に阻止してきた。
 美月を連れた男は部屋を出ていく。真田は二人を振り払い廊下を駆け抜けていく男を追った。
 逃げても逃げても追ってくる真田に対し体力が奪われていく男。
 男はついに足をもつれさせ転倒する。真田はその隙に力ずくで美月を奪った。
「……もう、そのガキは必要ねーんだよ……健康なんだし……色々高く売れるだろ……」
 しゃがんだまま息絶え絶えに言う男。
「この子はダメだ。ちゃんとした人間なんだ。そんなことしたら殺人になってしまう」
 真田は美月を優しく抱きかかえている。
「お前、オレらの仲間だよな……何を今更……」
「今更じゃない、オレはずっとここが嫌で仕方なかった」
「だったら何で……? 」
「あの人には……」
 真田が何か言おうとしたそのとき、真田と男を捜していた残りの二人が目の前に迫ってきた。
 真田はとっさにスーツの内ポケットからある物を取り出した。
 一瞬銃と勘違いした男たちが後退る。
 注射器。真田はそれを手にしていた。
「お前、それ……」
 針をむき出しにする真田。
「安心してください。あなたたちには刺しませんよ」
「どうする気だ? 」
 真田はその質問には答えず、針を白くて柔らかな肌に刺した。
 そう、針は美月に刺された。そして薬品が押し込まれる。
「それ何だよ。お前、何してるんだよ」
「何かあったとき、こうするって決めてました。染色体に異常をもたらす薬です」
 打ち終わった注射器を床に捨てる真田。
「なんだと……」
「もうこの子は健康じゃない……。だから、売れない」
 そう言い残し、美月を抱えた真田は三人の前から走り去った。
 しばし呆然とする男たち。
「あいつ、適当なこと言いやがって……」
「どうする? 」
 注射器を拾って男は叫んだ。
「追え! 深青園だ! 」
 そしてそれから十五年が経ち、美月は陽太の家でその真実を覚えている範囲で語るのだった。

 美月の話はやはり食事中に聴くものではなかった。
 力も陽太も必然的に手の動きが止まっていた。
「意識がもうろうとしてたから、ハッキリ覚えてる訳じゃないけど」
 卵サンドに手を伸ばす美月。
「もうろうって、変な薬打たれたんじゃないのか? 」力が問う。
「たぶんジュースに睡眠薬が入ってたんじゃないかな」陽太は推理する。
「私もそう思う。あの人たちは私の臓器を売るつもりだった」
「それを、お父さんが助けてくれたって訳か……」
 頷く美月。
「そのお父さんって真田って人なんだろ。何者なんだ? 佐伯の組織の一員ってことは悪い奴に荷担してたってことだろ」
 力は腕を組みながら謎を追究する。
「注射か……」陽太も首を傾げた。
「ノートの続きに何か書いてあるかもよ」
 美月にそう言われ、三人はまず食事を済ますことに集中。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 66ページ
このページを編集する