イノセントカプセル

未知 /1

 たかが二日休んだだけなのに何故だか職場が懐かしく感じる。
 昼食に菓子パンをかじって、マットの上で大の字になる陽太。
 倉庫の隅にひとりなので気兼ねなく目を閉じて休める。――はずだった。
「まだ具合悪いの? 」
 心配そうな声に目を覚ます陽太。飛び込んできたのは佳保の姿だった。
「午前中ずっとだるそうだったけど、大丈夫? 」
「ああ……はい……」と起き上がる陽太。
 ただの寝不足だなんて死んでも言えなかった。
「そっか。ならいいんだけど」
 そう言い残して去って行く佳保の背中が寂しく見えて、陽太は「浅沼さん! 」と彼女を呼び止めた。
「……少し、話を……ああ、隣、どうぞ」
 片言の日本語に思わず笑みを浮かべる佳保は「それでは、おじゃまします」と陽太と少し距離を置いてマットに座った。
「この間は失礼しました。冷たいこと言ってしまって」
「いいのよ。あれは私が悪いんだから。勝手に好きになって、勝手に色々知りたくなっちゃって、ホントごめんなさい」
 陽太はどんな言葉を返せばいいか解らなくなった。ただ、もやもやした何かに縛られているようで気持ちが悪かった。
「安心して、もうプライベートなことは聞かないから」
 無理矢理作った笑顔が陽太の胸に刺さった。
 愛の告白を受けたにも関わらず、嘘をつき、冷たく突き放して謝罪までさせる。
 陽太は自分が自分で許せなくなった。美月を守るためなら何をしてもいい訳じゃないことに今更気付く。
「浅沼さん、オレね……オレ、自分の本当の親知らないんです」
「えっ? 」
「養護施設で育ったから。美月も同じ施設で育って、六歳のときに離ればなれになったんだけど、今年の夏に例の公園で偶然再会して……」
 佳保は呼吸を止めて目を見開いた。
「その、美月の今の親が美月に暴行してること知って、オレ、あいつを家に住ませることにしたんです。オレが勝手に美月を連れ出したんですけど……。だから、服とかもなくて浅沼さんにお願いして……」
「ごめんなさい! 」
 佳保は大きな声でそう言い、マットの上で陽太に土下座した。
「や、やめてくださいよっ! 」佳保の肩を必死に起そうとする陽太。
「私、何にも知らなかったのに色々疑ったりして……」
 起き上がった彼女は口を手でふさいで涙をこぼしていた。
「オレが嘘ついていたのが悪かったんです。ちゃんと本当のこと説明してなかったから」
「でも、知られたくない過去があるって言ってたじゃない。なのに、私が無理に……」
 佳保はしばらく泣いていた。陽太も無理に声は掛けなかった。
 傷付けたいわけじゃないのに、傷付けてしまう。優しさだったはずの嘘で何人の人を苦しませたのか、陽太は考えていた。佳保が初めて家に来たとき、とっさに従兄弟を装った美月。きっと美月も苦しんだに違いない。もう、嘘は嫌だと思った陽太は自ら語り始めた。
「でも、美月のことを愛しているのは事実です。愛っていったら重いかもしれないけど、美月はたいせつな存在なんです。再会したときは、そうでもなかったけど、一緒に暮らしていくうちに好きになっていました。だから、浅沼さんの気持ちは嬉しいけど……ごめんなさい」
 佳保はゆっくり顔を上げて首を振った。
「私はいいの。周防くんの気持ちが聞けて良かった」
 そして腕で涙をぬぐう佳保。
「これからも、いい先輩でいてくれますか? 」
 陽太はそっと手を差し出した。
「うん。寿退職するまでわね」
 優しく手を握る佳保。
「寿退職か~」
「周防くんが後悔するほど美人になってイケメンのお金持ちと結婚してやるわ」
 笑いながら握手を交わす二人だった。

 気持ちが楽になった陽太は仕事を終えると真っ直ぐ愛する美月の待つ自宅に帰った。
 幸せとはこういうことかと実感しながらインターホンを押す。
「ただいま」
 その一言で鍵のかかっていたドアが開いた。
「おかえりなさい」エプロン姿の美月が笑顔で出迎えた。
 数ヶ月前までは目を合わせることも難しかったのに、今では深青園にいたときと同じような明るい笑顔で話しかけてくれる美月。ずっと、こんな生活が続けばいいと思う陽太だった。
「今日はね色々したんだよ」
「色々? 」
「たくさん洗濯して、大掃除もして、美容院のお兄さんにも謝りに行ったの」
「美容院……? ああ、あの時の」
「私、失礼なことしちゃったから。ついでに毛先も整えてもらった」
「もう平気なの? 」美月の髪を触りながら問う陽太。
「こんな言い方だと他人事みたいだけど、あの時はハサミが怖かったんだと思う。刃物を見るとあの工場で見たことが蘇ってパニックになって自我を失っていた気がする。だからリストカットとか気付かないうちにしちゃってて」
「もう、それは治ったの? 」
「解らない。でも、今は刃物を見ても普通でいられるよ」
 美月は笑った。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 66ページ
このページを編集する