イノセントカプセル

未知 /2

 バスターミナルで長野行きのバスを探す陽太と美月。
 チケットはタクシーに乗りながらスマートフォンで購入した。新幹線を使った方が早くて楽だったが、深青園とされる場所の住所に近い停留所にはバスで乗り継いだ方が便利だった。それに、あまりにも荷物が少ないのと汚れたつなぎ姿が気になって新幹線は乗りにくかった。
 もともとバスで行く予定だったのだからと前向きに考える陽太。
「あ、これだ。間に合って良かった……」
 二十一時発の長野行きのバスを見つけ乗車する二人。
 席は左側の後ろから四列目だった。
「美月、窓側がいい? 」
「私は通路側でいい」
 美月がハッキリそう言ったので、陽太は遠慮なく窓側の席に座った。そして隣にトートバッグを大事に抱えた美月が座る。
 平日の夜とあって乗車する人は少ない。
 陽太たちが席についてしばらくすると大学生らしき若い男女が後ろの席に座った。
「私、窓側がいい~」
「だったら早く座れよ」
「ねぇ~、こんなガラガラなのに何でこの席なの~」
「知らねーよ」
 ギャルっぽい女のキンキン声が車内に響く。
 すると美月はトートバッグからポータブルオーディオを取り出した。
「持ってきてたんだ」となりで陽太が少し驚いていた。
「出掛けるときは持っていくよ」
 まるでこうなることが解っていたような口ぶりにの美月。
 彼女はイヤホンを耳に入れスタートボタンを押した。そして世界を遮断するようにゆっくり目を閉じた。
 かすかに零れるハードロックのリズム。
 目を閉じてしまうと、あの男の姿が浮かんでしまうので、陽太はただボーっとバスの中を見回していた。
「まだ出発しないのかな? もっとお菓子買ってこればよかった」
「夜に食うと太るだろ。もっと太りてーのかよ」
「んもうっ。これでもダイエット頑張ってMサイズキープしてるんだから」
「はいはい」
 後ろのカップルのくだらない会話が、不思議と陽太の張り詰めた気持ちを緩和させていた。
 バスには二十名ほどが乗車した。
 ほとんどがスーツ姿のサラリーマンといった感じだった。おそらく出張であろう。
「おまたせしました……」と運転手の挨拶があり、バスの扉が閉まる。
 大学のスキー旅行等に無縁だった陽太が高速バスに乗るのは、高校一年のクラス親睦会と銘打った遠足のような行事以来だ。
「あっ、動いたよ! 」
 バスが発車して後ろの女のテンションも上がった。
「小学生かよ……」男の方は本気で呆れている様子だった。
 徐々に加速していくバス。美月はひとりの世界に入っているので、陽太は仕方なく窓の外を眺めた。
 暗闇に自分のシルエットが映し出される。
 これから先のことなど考えられなかった。自分は結局家族を傷付ける。陽太は怖かった。
 美月を落ち着かせるため、深青園に行ってから警察へ向かうと言ったものの、ノートに事実が書かれているのかも解らない。深青園が見付からなければ、木が見付からなければ、残骸がなかったとしたら、この行動には意味がなくなる。
 美月の母が警察に何を話したかも解らない。そもそも警察へ行ったのかさえ解らない。
 陽太はじんわりと手に汗をかいた。
 東京の街のネオンが流星のように消えてなくなる。
 陽太は深青園で見た星空を思い出した。あのキレイな空をまた見られるのだろうか。
 バスはあっという間に高速に入った。
 美月はいつの間にか眠っていた。小さく呼吸しながら陽太の肩にもたれかかる。
 その柔らかい温もりに安心した陽太は微笑みながら優しく手を握った。
「この間ネットで見つけたんだけどね。一人の人間がこの世に生まれてくる可能性って、一四〇〇兆分の一なんだって! 」
「へー、そうなんだ……」
「スゴくない? 宝くじレベルじゃないんだよ! アメリカの大統領になるよりスゴいってこと。もう、奇跡だよね」
「奇跡だな……」
「なにその気の抜けた返事。人の話聴いてる? 」
 後ろのカップルの会話を子守歌に、陽太もいつの間にか眠っていた。

陽太は猛烈な暑さと激しい痛みで目を覚ました。
 目を開けているはずなのに視界は真っ暗だった。そして自分が床に倒れ込んでいることに気付く。
 何事だと思い、彼はそばにあるイスに手を掛け痛みを我慢して立ち上がった。
「……た……たすけてくれ……」
 そんな声があちこちから聞こえた。
「バス……? 」
 薄らとした灯りの中、陽太はその地獄絵図のような光景に震え上がった。
 バスの前方は大きく大破し面影もなく潰れている。所々から炎が上がり、後方も窓ガラスが割れ、様々なものが散乱していた。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 66ページ
このページを編集する