イノセントカプセル

再会 /2

 家の鍵や財布、スマートフォンといった貴重なものはポケットに入れていたので救われた。忘れた荷物にはたいしたものは入っていない。ただ、あのポータブルオーディオだけ気になった。古いタイプなので、もう店頭では扱っていない。
 荷物を持っていないことに気付いたのは、あの日家に着いてからだった。取りに戻ろうかとも思ったが、陽太の身体がそれを拒んだ。
「最近、元気ないね」
 あの日から数日が過ぎた。陽太は昼休みも公園には行かず、その姿は職場の休憩室にあった。
「はい? 」
「ここでご飯食べるようになってから元気ないよね」
 手製の可愛い弁当をひろげながら軽い口調で佳保が言う。
「そんなことないっすよ。みんなで食べるの楽しいし」
 そう言って、陽太はコンビニ袋からおにぎりを取り出す。
「ホントかな~。公園で彼女とラブラブしてたのにケンカしちゃったとか? 」
「は! んな訳あるはずがないでしょ」
 あながち間違ってもいないので、少し動揺してしまう陽太。
「……じゃあ、もう公園には行かないの? 」
「……それは……気が向いたら」
「ふ~ん」佳保はつまらなそうな顔をして、だし巻きたまごをフォークでさした。
 本当は行きたい。美月が来ているかもしれない。でも、陽太は怖かった。もし美月と会った場合、どう接していいか解らない。自分から逃げるように立ち去った美月が次の日に来ている確率は少ないけど、もし彼女がいたら何を話せばいい? また無言の世界に戻ったとして、それに意味があるのか分からない。陽太はここ数日、ずっとそんなことを考えていた。
 家に帰って独りになると、あの日のことを思い出して吐き気がする。そのせいか、陽太は少し痩せた。佳保が心配するのも無理はない。
「おにぎり一つ? 」佳保が尋ねる。
「はい。食欲ないっていうか、ちょっと胃がムカムカして」
「大丈夫? 夏ばてかな? 」
「そんな感じですかね……」
「妊娠なわけないしね」と佳保が笑う。
 最初は馬鹿にされてると思った陽太だったが、この冗談をきっかけに次の日公園に行く決意ができた。

 晴天。久々に訪れる公園は太陽の光を浴びてキラキラ輝いて見える。木の葉も以前より青々しているように見えた。額に手をかざしながらベンチの方を見る陽太。
 そこには、再会したときと変わらないままの美月がいた。汚れた服にボサボサのロングヘア。だけど、陽太の目にはそれが何故か美しく見えた。しばらく見つめてしまうほど。白いワンピースが彼女にとても似合ってることに今更気付く。
「美月? 」陽太は近づいて声をかけた。
 返答はない。嫌われてしまったのかと思った陽太の視界にあるものが飛び込んできた。
 スカイブルーのポータブルオーディオ。あの日このベンチに置き去りにしてしまったもの。それが美月の手の中にあった。
「美月! 」隣に座って肩に手を置く。美月はびっくりしたのか、一瞬ピクっとした後陽太の方を見た。目が合うと、美月は耳からイヤホンを外した。
「美月、それ……」
「……陽太くんの忘れ物」
「拾っておいてくれたのか」
「これ、借りてた」
 陽太が感謝の言葉を口にしようとするが、美月の話にはつづきがあった。
「返そうと思って、毎日待ってたんだけど。来ないから……」
「毎日って、あの……次の日から? 」
 陽太は飛び出そうなくらい目を大きく開けて問いただす。
「うん。他のものは家にある」
「ずっと、ずっとここに居たのか? 」
 もはや陽太の耳に美月の言葉は入ってこなかった。あの日から何日経ったのか頭の中で計算しようとするが時の経過に鈍感になっていたため思い出せない。
「いたよ。陽太くんは居なかったけど」真顔でそう話す美月。
「ごめん! すまなかった! 」
 陽太の中に色んな感情が入り乱れて、本人も訳が分からないままに深く頭をさげる。すると美月はツンと指で陽太の頭を突いた。
 顔をあげる陽太。懐かしかった。施設にいるとき、よく美月はそうやって陽太の頭を突いていた。転んで泣いたときや大人に怒られたとき、おねしょをしてしまったとき、いつもそうやって慰めていてくれた。陽太は涙を必死にこらえ、美月に笑顔を見せた。美月もほんの少しでけ笑みを浮かべた。
「オレ、もう一つ美月に謝らなきゃいけないことがある」
 陽太は姿勢を正して前を見た。美月は首を傾げて同じく前を向く。
「それ、ここに忘れた日の夜……美月の家に行ったんだ」
 かしこまらないように注意しながら話し出した陽太。美月は少し俯いたが髪が邪魔して表情は解らなかった。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 66ページ
このページを編集する