桜龍Ⅰ【完】

第二章 /平和



「絋ー!どこいっとったんや!!めっちゃ心配したやないか!!」


「え…。いや、その」



「なかなか帰ってこないから襲われたのかと思って焦った。」


あたしが教室に入った途端、喜壱と明があたしのところに一目散にやってきた。


「ご、ごめん。サボってた。」



「サボってた~!?」

呆れた顔をした二人。



「絋、お前サボってる間にな学園祭の話し合い終わったで!!」


「ええっ!?」


「何する事になったでしょう?」





何?なんかニコニコしちゃって…。


「な、何やるの?」


そして明から衝撃の結果を聞かされた……。



0
  • しおりをはさむ
  • 9613
  • 8732
/ 403ページ
このページを編集する