Canna I

第1章 始動 /カンナちゃん、大丈夫?












「ぎゃぁーーっっ!!お前ら追いかけてくんなぁーっ!」






半泣きになりながら、大勢の男から逃げる美少女がいる。


あ、すいません、ちょっと誇張しました、(微)少女です。





そんな彼女の名は、高科 かんな。

皆んなにはカンナちゃんって呼ばれている。





ほんとーうに、何処にでもいるような女子高生である。

あ、コレなんか〝少女漫画の主人公〟が言う前文みたいだな。






まぁ、本当に少女漫画のヒロインなら文句なんてないんだがな。

というか、むしろ希望しますよ。

イケメンたち侍らせ、「もう選べないよぉ〜」とか言ってみたいですね。





うん、でも私は違うね、こんなヨダレ出る展開無いね、全く。

私、本気で普通のJKですから。






……のはずなんだけどね?








0
  • しおりをはさむ
  • 2
  • 17
/ 24ページ
このページを編集する