『涙晴の空』

ガースケ 青春・友情
4ページ(連載中) 更新日 2017/10/20 読者 11298人 公開 0 0

俺は香取君に桜の木の下の写真のことを説明した。

2013年4月に香取君は結婚し
お父さんの仕事を継ぐために
ホームを辞め地元の長野県に帰った。

香取君がホームを辞めてから数ヵ月後
実家に来てくれないかと連絡があった。

俺は夜勤明けに電車で長野県に向かった。

この日から俺にとって
そして、園長、三井さんにとって
今まで知らなかった温かい気持ちが動き始める。

『心の中の大切な日記』を読んでみえない方は
こちらからお読みください。

『心の中の大切な日記』

読まれた方は下の作品を読むを
クリックしてください。

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
  • 6173
  • 1027
 
このページを編集する