『心の中の大切な日記』 by健介

ガースケ
恋愛 101ページ(完結) 23493字 更新日 2019/04/01 読者 662993人 公開 0 0
第18回ビーンズ小説大賞

高校3年生になった健介は
今の自分の気持ちを忘れないために
『心の中の大切な日記』を書き始めた。


『青春の記憶/心の中の大切な日記』を
読んでみえない方はこちらから先にお読みください。

お読みにいただいていない方は
こちらをクリックしてください。
『青春の記憶/心の中の大切な日記』


白黒の世界にいた彼が
今、空を見上げられるのは
周りの景色、温かさ
そして…
もう一冊の『心の中の大切な日記』が
あったからだと思う。

彼の日記が誰かの勇気につながることを願って。。




ガースケ
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

ロック中
ロック中
  • 16781
  • 1414
このページを編集する