『青春の記憶/心の中の大切な日記』【完】

第2章  /告白

あれから数週間が経過した。

俺は学校帰り途中下車し
音楽ショップに寄って疲れたのか…
電車を待ちながらウトウトとしていた。

肩をとんとんと叩かれ目を覚ますと
彼女が目の前にいた。


とてもびっくりした。


『あれッ。健介君、帰りなんッ!!
 私も帰りなんやで~
 偶然やな~びっくりした。。』

彼女は俺の横に座った。

彼女は最近、おばさんがゲートボールに
はまっている話やいろんな話をしてくれた。

俺は最近、授業中も
彼女のことばかり考えていた。


俺の初恋だった。


彼女と会った偶然をとても嬉しく感じた。


俺は彼女と砂浜に行きたいと思っていた。
冬の砂浜は波が澄んでいてとても綺麗だから
それを一緒に見たかった。

『ゆりさん、海・・・一緒に行かへん。。』
 今度の日曜日・・・』

『アッ。ごめん。彼氏とかいたらまずいよな。
 アッツ。。ごめんッ。つまらんこと聞いて。。』
俺は何を話しているかわからなかった。


とにかくドキドキしていた。


『ええよ。。彼氏もおらへんし。
 行こ。行こう!!海か…
 私、行ったことがないんや!楽しみやなぁ。。』

『ええのッ!!
 日曜日。このホームに
 10時に集合でもええ。。』

『うん。わかった!!』

二人は日曜日に海へ行く約束をした。

あっという間に電車が停車し
俺は電車に乗った。

彼女は窓越しに小さく手を振った。

彼女の姿が小さくなり
俺は思わずガッツポーズをした。


そして5日後・・・


明日は彼女と海に行く日。
ハイテンションでウキウキしていた。
買い物に行き、洋服を選んだ。

とにかく明日、晴れることだけを祈る俺であった。

0
  • しおりをはさむ
  • 24988
  • 1486
/ 292ページ
このページを編集する