『青春の記憶/心の中の大切な日記』【完】

最終章 /同じ気持ちをみつめて

4月1日、朝を迎えた。

自動車に乗りホームへ向かった。

駐車場に着いて空を眺めた。


とても綺麗な青空だ。


特別養護老人ホームの看板のうしろにある
桜の蕾が今にも開きそうだ。

玄関を開けると園長と寮母長が
笑顔で迎えてくれた。

『今日から頑張ってもらうよ!よろしくっ!』

二人に案内され食堂に向かった。

『今、食事中でみんなが集まってるから
 木下さんを紹介させてもらいますね。。』

食堂をのぞくと入居者の方たちは食事中だった。

おばさんもエプロンを着けて食事をしていた。


『みなさん、今日からここで
 みなさんと一緒に過ごす木下健介さんです!
 困ったことがあれば何でも彼に頼んでくださいね!
 どうぞよろしくお願いします。』

『木下健介です。
 皆様、どうぞよろしくお願いいたします!』

挨拶すると同時に大きな拍手が聞こえ
たくさんの温かい表情に少し緊張がほぐれた。

朝食の時間が終わり職員が園長室に集まった。

『今日からここでみなさんと
 一緒に働く木下健介さんです。
 皆さん、いろいろと
 ご指導お願いしますね!』

『木下さん、右から鎌本さん、高木さん
 三井さん、寺井さん、鈴木さん…
 今日は夜勤明けでいない人や
 今、外に出ているヘルパーがいるから
 おいおい紹介していきます。』

デイサービス、ヘルパー、介護士…
15人ぐらいの職員を紹介していただいた。

寮母長に案内され寮母室に向かった。

『このホームには1階に25人
 2階に25人の入居者がいます。
 8割の方が認知症の方で
 6割の方が車椅子です。

 精神的にも肉体的にも
 常に介護が必要な方が多いです。

 仕事内容としては、食事や入浴、排泄の介助…
 日々の生活に寄り添って介護しています。

 また入居者が楽しめるような
 レクリエーションや事務作業など…
 いろいろあるから、また教えますね。

 日勤、夜勤があって
 24時間のシフト制で
 日勤は8人、夜勤は3人で
 介護職員が勤務しています。

 今のところ男性は君だけだから
 ホームの雰囲気が変わることを
 期待しているね!

 これに着替えてから今日はみんなの
 仕事の様子を見ていてください。』

『はいっ!』

俺は介護服に着替えて
10時のオムツ交換を見ていた。

大きなカートに温かいお尻拭き用の
タオル、シーツが積んであり
2階の奥の部屋から一斉に
排泄介助が始まった。

0
  • しおりをはさむ
  • 24990
  • 1485
/ 292ページ
このページを編集する