『青春の記憶/心の中の大切な日記』【完】

第6章 /思い出の場所

あれから2週間が経過した。

俺は順調に回復して
ゆりは毎日、病院に顔をみせてくれた。

明日から大部屋に移動予定だ。

最近、少し元気になり1日1日を
退屈に感じでいた。

今日もぼんやり外を眺めていると
ドアをノックする音が聞こえた。

ドアの方を見るとおばさんとゆりが
そっと顔を覗かせた。

『健ちゃん!おばさん連れてきたで~』

『あっ。おばさん!ありがとう!』

『健ちゃん、大変やったな。。』

『はい。。階段から転げ落ちて・・・
 俺って本当にドジというか・・』

二人はおばさんに心配させたくないので
階段から転んだと伝えてあった。

『りんご食べてなっ!』
おばさんは微笑みスーパーの
袋に入ったりんごをくれた。

『ありがとう!!』

おばさんと会うのは久しぶりで
いろいろな話をした。

ゲートボールの話。
近所のおじいさんの話・・・・。

そして、ゆりの話もした。

ゆりは毎日、おばさんの家で夕食を作り
二人で食事をしている様子だ。

昨日も俺が少しずつ元気になっていると
嬉しそうに話していたらしい。

『健ちゃん、また治ったら
 家に遊びに来てな。。
 待っとるよ!
 今日は近くまで来たから
 墓参りに行ってくるわな!』

香織さんとご両親のお墓は病院から
歩いて10分位の場所にあるそうだ。

『おばさん、俺も行ってもええかなぁ…』

俺はナースコールを押した。

看護師に聞くと短時間の外出ならば・・
ということで外出を了解された。

0
  • しおりをはさむ
  • 24990
  • 1485
/ 292ページ
このページを編集する