そこに愛はあるのか?[完結]

第1章 /弟の大我と仲間達





私が住むマンションは、大輔おじさんの所有のマンション。



淳のマンションから近く、職場からも近くてちょうど真ん中。



3LDKのとっても広いオートロックマンション。



リビングの横に和室があり、大我の部屋と私の部屋。


お気に入りの広いキッチンにお風呂。



家賃は、タダらしい。



元はお父さんの所有のマンションだったらしく、名義こそおじさんだがそろそろ私に切り替えると言ってた。



だから、私の稼ぎでも余裕で暮らせる。



学費や何かは、私達のために残してくれた両親とお兄ちゃんの遺産。



保険金や諸々…



それで、私は看護学校を卒業したから。




0
  • しおりをはさむ
  • 1157
  • 2372
/ 756ページ
このページを編集する