そこに愛はあるのか?[完結]





雰囲気がどよ~ん。



それに気づかずにニコニコしてる桃子さん。



相変わらず…空気の読めない人だ。



てか、元からか。



「今日は、どうしたんだ?」


うん、翔太。


私も聞きたかった。



「昨日、龍神の入学パーティーに鬼神の総長達が来てくれたんだよ。
だから、今日はそのお返しに来た。
優がどうしても行きたいって言うから…」



優って…誰ですか?



「あぁ、そっか。
鬼龍神連合のトップ同士だからか。」



翔太の話に、なんとなく優って人が誰かわかった。



聖の弟か…



彼氏だった男の、兄弟も知らないなんてね。



終わってるでしょ…



自嘲気味に少し笑った私に、何を勘違いしたのか桃子さんも笑ってるし。




  • しおりをはさむ
  • 1224
  • 2537
/ 756ページ
このページを編集する