そこに愛はあるのか?[完結]

第8章 /私の弟…大我







大我のいないこのマンションは、こんなにも広かったんだ…




大我の部屋は、あの日、あの時のまま…




ぐちゃぐちゃになったままの布団。




テーブルの上の灰皿には、タバコの吸い殻が溜まったまま。




そろそろ、新学期が始まるこの時期。




明日は、夏の終わりを告げる夏祭り。




明後日は、夏の最後の風物詩である花火大会。




仕事の準備を終えた私は、準夜勤のために職場に向かう。






あの日…あの夜。




真夏の夜の夢は、大我の心臓を止めた。




両親とお兄ちゃんの写真が飾られてるお仏壇。




その写真の横に、大我の写真が増えるなんて…




まっぴらごめんだ…





0
  • しおりをはさむ
  • 1157
  • 2366
/ 756ページ
このページを編集する