そこに愛はあるのか?[完結]

第9章 /心と体は一緒の物で…




もう…



何度目?



いくら大きな波に呑まれても…



それでも、もっともっとって渇望する。



その原因はわかってる。



結局のところ、心と体は同じ人間の物なんだから、どちらも満たされてるならば、それが一番いいってことなんだ。






"死ぬまでお前を離してやれない…"



その言葉の後、聖の首に抱きついた私が言ったのは…


『私が先に死んだら、聖は私から離れていっちゃうの?』


だった…



「なっ、お前…」



自分でも驚いた。



なんて可愛いことを言ってしまったんだって。



『あっ、いや、その…』




恥ずかしいにも程がある。



バッと離れたはずの私の体は、さらに聖に密着されていた。



ヤバい…捕まったらしい。



0
  • しおりをはさむ
  • 1181
  • 2431
/ 756ページ
このページを編集する