そこに愛はあるのか?[完結]






スイッチを押してしまった…



この男…今思い出したけど、私と付き合う前に鬼畜と呼ばれていたような…



聞いてみる?



いやいや、どうしたって聞けるわけがない。


"あなたは鬼畜ですか?"

なんて…



でもね、私を見る目が獣の様で身動きも出来ない程に狙ってる感がありありとわかる。



獣ね…しかも肉食獣。



私の処女喪失は、もちろん聖だ。



でも、私とする時は一度も鬼畜らしいことはなかった。



鬼畜なんて嘘じゃん、優しいじゃん、なんて思っていたけど…



この鋭い目付きと私の腰に回された両腕の力は、動こうとしてもビクともしない。




とうとう本性を現したのか?



この…鬼畜男。





0
  • しおりをはさむ
  • 1171
  • 2403
/ 756ページ
このページを編集する