そこに愛はあるのか?[完結]

第2章 /再会の時、何思った?





はぁ…



会ってしまった…



会わなければ、こんな憂鬱にならなかった。



大我達を連れて病院を出た後、お腹が空いたと騒ぐ仔犬達。



こんな夜中に、ラーメンを食べたいと。



仕方ないから、連れて行きましたよ。



うちの近くのラーメン店。


行き着けのラーメン店だから、私と大我はお得意様。


大我のまぶたの傷と、腫れた唇でラーメンが食べれるのか?と、からかわれてた。



それでも大我達は、ラーメンと餃子とライスをみんなペロリと平らげた。



この食べっぷりが気持ちいい。



この時だけは、彼らのことを忘れてた。



マンションに帰って、お風呂を沸かしてみんなに入ってもらった。



そして、合宿同然に和室に布団を敷く。





0
  • しおりをはさむ
  • 1160
  • 2375
/ 756ページ
このページを編集する