そこに愛はあるのか?[完結]






自身を売られた明菜は、その仕事中に街のヤクザの息子に見初められた。



ヤクザの三男坊の男は、明菜を嫁に迎い入れてくれた。


それに激怒した森山組長は、その街を出て隣の県にやってきたらしい。



そして、またもやあの事件を起こすことになる。





俺は高校卒業後、組の仕事に明け暮れた。



瑠璃を思い、女を抱く。



だけど、自身の欲望の熱が吐き出されることはなかった。




ずっと思い合っていた洸哉と桃子は、卒業後すぐに結婚。



羨ましいなんて思ったことはない。



すべて、瑠璃がいないと始まらない。




そうやって過ごしてたある日…




俺は…




瑠璃と再会する。







  • しおりをはさむ
  • 1224
  • 2537
/ 756ページ
このページを編集する