そこに愛はあるのか?[完結]

俺に愛はあるのか? /愛する女との再会、何思う?






瑠璃と離れて5年…一時も忘れたことなどなかった。


若頭として街を仕切る。



マンションと本宅の隣にある事務所を行き来する毎日は、思ったよりも忙しかった。



龍神は、高城が引退した後俺の弟である神谷優が継いだ。



龍神第14代目総長、神谷優。


俺の弟だが、俺とはちょっと違うタイプ。



優は人懐っこさを持ち合わせ、それでいて敵には冷酷な人間だった。



そんな優が総長になった時、不思議なことを言い出した。



"鬼神を復活させたい…そして、鬼龍神連合を造りたい。"



鬼神…

鬼龍神連合…



優の話だと、隣街の鬼神に憧れた若者が鬼神を復活させたいと動き出したと言う。



その先頭に立ってたのが、優のダチでもあった設楽誠だった。





0
  • しおりをはさむ
  • 1157
  • 2366
/ 756ページ
このページを編集する