そこに愛はあるのか?[完結]

俺に愛はあるのか? /俺に愛はあるのか?





はっ…



瑠璃が…



泣いてる。



腕を顔に乗せて、俺が悪いと…。



"嫌いなら嫌いって言ってくれたら…"



言えるわけない。



嫌いなんて言葉、言えるわけない。



だって俺は、嫌いなんて思ったことねぇし。



だけど…



瑠璃がこうして泣いてるってことは、瑠璃は俺が嫌いなんじゃないかと思ってるわけで…



こんな勘違いをさせたのは紛れもなく自分…俺なんだな。



泣くという行為は大切なことだと、



ちゃんと話すことは大事なことだと、



やっと気づいた。



遅すぎだろ。



俺の下で泣く瑠璃が、こんなに可愛くて愛しくて。



泣き喚く瑠璃が…



俺はこんなにも好きだ。





0
  • しおりをはさむ
  • 1179
  • 2421
/ 756ページ
このページを編集する