温かい手を持ってる  第一部

プロローグ


好きな人が出来ました。

友達と初めて夜の繁華街に遊びに行った時、繁華街を歩く彼に一目惚れしました。

人混みを、彼女の手を取り歩く姿に一目惚れしました。

その目は優しく、彼女に注がれる愛の深さを感じました。


彼見たさに何度も繁華街に行きました。

いつも、隣にいる彼女の肩を大事そうに抱く手が好きでした。

彼女に笑いかける幸せそうな顔が大好きでした。



いつの間にか隣に彼女がいませんでした。

目がとても怖くなりました。

繁華街で何度も喧嘩している姿を見ました。


一体何があったのですか?

もうあなたは幸せそうに笑わないのですか?


私の好きな人。



――…コータさん。

0
  • しおりをはさむ
  • 3069
  • 5016
/ 437ページ
このページを編集する