王子様から、花束を〔完〕






『―――高校、同窓会会場』




日が落ちるのが遅くなった頃、
大学は最後のお盆に突入した。



それまでのスケジュールといえば…


バイト、就活、就活、バイト―――




何の変動もない、いつもと変わらないまま。




彼氏ができたにも関わらず、

こうしてお盆にはしっかり実家に帰って。





「鈴香、久しぶりだね」





"行きたくない"と、

頑なに思ってた同窓会へきている。





「…久しぶり」




大学に入ってからすぐには会ってた同級生も、

短大を卒業した子は就職、
就職して1年で結婚をした子、
フリーターで掛け持ちをしてる子…




「3年ぶりくらい?」




バタバタとしてて


こうして会うのは少し、緊張する。





「…変わらないね」




活き活きしてるのが、

一見しただけで一目瞭然だ。






0
  • しおりをはさむ
  • 84
  • 49
/ 267ページ
このページを編集する