王子様から、花束を〔完〕







「静香ぁ、アンタちょっと飲みすぎじゃない???」


「煩いなぁ。ほっといてよ!!!」





"やけ酒"

そんなの私には無縁の話だと思ってた。



"美人で気が利いて仕事が出来て器用な女"


周りのイメージを決して壊すことなく、
自分のプライドのためにも

お酒も程よく飲み続けていたのに。





「どうしちゃったのよ~~~~」






バーで、
しかもこんなバリバリのおかまが経営する、

単価もさして高くない酒を飲み続け。






「…朝陽、」






ただひたすら、

アイツの顔がぐるぐると回って未だアルコールが回らずにまた目の前の梅酒ロックを飲み続ける。






0
  • しおりをはさむ
  • 84
  • 50
/ 267ページ
このページを編集する