王子様から、花束を〔完〕






「…そうなんだ」


「鈴香も来るだろ?同窓会」


「…保留、中」


「そ。ま、しばらくこっちいるから」




"用があるならいつでも連絡して"





ぐっと、
彼女に睨まれたのを最後に彼らは去る。





「…、」





その中で取り残された私と橘さん。

この嫌な空気…どうしよう。





「あの方は、いつの同級生なんですか…?」





そんな中、
空気を割ったのは橘さん。


私のぐちゃぐちゃな気持ちと打って変わって
いつも通り優しく問いかけてきて。





「…高校のときの、同級生です」


「ただの同級生じゃ…ないですよね?」





優しい橘さんの声に、





「…はい」





封印されし私の記憶は

ゆっくりと…紐解かれていった。





0
  • しおりをはさむ
  • 84
  • 49
/ 267ページ
このページを編集する