王子様から、花束を〔完〕







高校時代・友人間で話すことといえば
やっぱり恋愛の話。





「ちゃんとLINE交換した?」


「今度試合って言ってたし見に行ってきなよ」


「文化祭一緒に回ろって行ってこよ」





私の間の女4人は皆片思いしてて。

私たちの間では、
そんなピュアなトークが繰り広げられていた。



隣のクラスの男の子、
同じクラスのサッカー部の男の子、
去年入った一つ下の後輩の子…

皆がみんな、各々のことでいっぱいだった。





「いいよね~鈴香は」


「え?」


「"ヒロくん"。完璧両思いじゃん」


「…どうだろ」





"ヒロくんと両思い"

そう勇気付けられて…
だけどそれを自分の中で否定する。





「鈴香」






だけれど噂をすれば、
息を切らした"ヒロくん"がこちらへ向かってくる。





0
  • しおりをはさむ
  • 84
  • 50
/ 267ページ
このページを編集する