王子様から、花束を〔完〕






まだ橘さんに確認もしてない。



誰で、どんな関係なのか…


確認してからでも遅くはない、けど。





「やっぱ昔の答え合わせっていうの?そういうのも今なら楽しいのかなって思っちゃうよねぇ~」





麻里の囁きは、


"気分転換"っていう甘い言葉によって変換される。






「鈴香も行ってきたら?夏休みだし実家帰るんでしょ?就職先探すいいきっかけだしさぁ~ま。橘さんのことは置いといてまた気が向いたらLINEすればいいんだし」






悪魔の囁きは、


私に甘い誘惑をしてきて。






「…夏休みか、」






悪く、あまりいい方向ではない。


だけど…自分に甘い私は頷いてた。






「さ。どんどん肉食べよ」






こんな些細なことで…



でもまぁ夏休みのお盆は実家に帰るつもりだったし。


橘さんには一言送ればいいかな…って。







〔すいません。夏休みは少し実家に帰ります〕







"逃げ"を選んだ。







0
  • しおりをはさむ
  • 84
  • 49
/ 267ページ
このページを編集する