花笑み

episode8






「へぇ。元カレね。それって前言ってた人?」

「うん。」

「へぇ。顔あんま見てなかったわ」

「梨花ちゃんの好みじゃないしね」

「そーゆーんじゃないでしょ。言ってくれたら見たよ」

「…、すぐ言いたかったんだけど」

「めっちゃ春香動揺してたじゃん。え、まだ好きとか?」

「…、なんでそんなワクワクしてるの」

「自分のそういうのは面倒だけど人のは楽しいじゃん」





GW初日。

早速梨花ちゃんを呼び出して話したのは由芽くんに背中を押されて昭人くんについて話すことにして。


どこに行っても混雑してると互いに判断して、お父さんも仕事でいない私の家にきてもらって。



梨花ちゃんはもうすっかり私の家にも着慣れて、ベットの上を占領されることにも慣れた。





「それって桜は知ってるの?」

「言えるわけないよ」

「ま、ショックで寝込むかもね」

「…、」





去年の夏休みに互いにすることがないと暇つぶしに買った1000ピースのパズルはまだ三分の一ほどしか完成しておらず、こうして半年以上経った今でもこうして話しながら続けるけども、先は見えていない。





0
  • しおりをはさむ
  • 4
  • 52
/ 125ページ
このページを編集する