イケナイ☆新婚生活【完】

両親

「んっ……」


目を覚ますと、私はソファーに寝かせられていた。


私……

眠っちゃったんだ……。


気怠い身体を起こすと、彰くんのジャケットがかけられていた。


これ、彰くんの……。


私は彼のジャケットをソファーの上に置くと、自分のスーツに着替えた。


すると、ガチャッとドアが開く音がして、彰くんが入ってきた。


「起きたか」


「うん」


「身体、平気か?」


「うん。平気。彰くんはどこ行ってたの?」

0
  • しおりをはさむ
  • 41
  • 60
/ 256ページ
このページを編集する