梟と眠り姫

Raika
恋愛 140ページ(連載中) 107731字 更新日 2020/01/18 読者 60593人 公開 0 0

『梟』


世界トップクラスの頭脳を闇の為に駆使する情報屋。


請け負った依頼者に確実な情報を与える代わり自由を好む。


誰にも媚びない。誰も頼らない。孤高の猛禽類。



そういう生き物だと思われていた。







「私には守るべき秘密がある」

「全部背負ってお前を守ってやる」







白狼と呼ばれる、この男と出会うまでは。



闇の頂点に立つ彼が、美しき梟と儚い眠り姫の
秘密を暴いたとき。



——新たな夢物語が幕を開ける。








※この作品は続編ですが、こちらからでも読み進められる内容となっております。
前作が気になる方は「闇色のシンデレラ」をご覧下さい。
※感想いただけると励みになります。ただし、誹謗中傷はお控えください。
※この小説はフィクションです。実在する人物や団体とは関係ありません。


執筆開始 2019.11.4~


なるべく毎日更新できるよう頑張ります!

レビューありがとうございます!
mokohanaさん
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 406
  • 4756
このページを編集する