Last Chanceを君に!【完】 

あとがき

こんばんわ。

胡桃です。

最後まで読んでいただいてありがとうこざいました。

この小説、実は、

「ちょっと、浮気症の男の子との恋」を書いてみたいな~という軽い感じで書き始めました。

短編として書くつもりだったので、祐樹の浮気をしたという事実だけをクローズアップしてしまって、祐樹の内情などを書かないまま、書き上げてしまいました。

本当は、浮気ばかりしていた男の子が、彼女のために一途に愛することを知っていろいろとあったけど、最後はハッピーエンドみないな感じで書きたかったのですが、

何せ、文才がないもので、こんなグダグダな感じになってしまったことをお詫びします。

最後に、

レビュー、イイネクリック、コメント、メッセージをいただいた皆様。

本当にありがとうございました。

皆さんのおかげで、完成することが出来ました。

また、ほかの作品も読んでいただけるようにかんばります。

本当にありがとうございした。

0
  • しおりをはさむ
  • 1015
  • 6908
/ 370ページ
このページを編集する