はちみつ漬けの嘘と秘密 【完結】

藍乃 咲羅
恋愛 310ページ(完結) 149970字 更新日 2019/10/23 読者 176101人 公開 0 0
野いちご編集部にあなたの作品を読んでもらおう! エントリー中
#高校生同士のピュアラブストーリー

秘密を共有した私たちは、今日もを紡ぐ



「幼馴染と言えばさ、俺にもいるんだ」

「へぇ……、どんな子?」

「泣き虫で、可愛くて、天使みたいな子だったなぁ」

「そうなんだ。今でも会いたいって思う?」

「そりゃ会えるなら会いたいよ。というかいつか会えたらいいなってずっと探しているんだけど、名前も、電話番号も分からなくて」

「せめて名前が分かれば、SNSで捜せたかもしれないね」

「全くそれ。唯一の繋がりはこのお揃いのキーホルダーだけって笑っちゃうだろ?」

「ふぅーん」

「これと同じのを持ってる子、知らない?……なんてね」

「難しい話だね、見たことないよ」




――――ごめんね、、本当は知ってる






私の親友は、私の初恋の人の恋人

そして、私の好きな人の好きな人



―――――――――――――――――――――――――――――


2018.11.18 番外編を別BOOKに移しました

  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1116
  • 11800
このページを編集する