夕焼けノスタルジー【完】

あとがき




優さんの引っ越し先が決まったのはそれから数か月後で、絶対に譲れない条件をクリアする物件が見つからなかったのと、仕事の多忙さで少し長い連休が取れなかったために当初の予定よりも延びてしまった。



だけれどようやく見つかって、プロの方が手際よく物を運び入れる様子を優さんは感心するように部屋の隅で見つめてる。



以前の高級住宅街から少し離れた所にあるマンションは、一般的なそれよりは少々高級に見えるけれど、持て余す程広くは無い。使わない部屋がそのまま放置される事は無さそうやった。



家具の配置を適当にその辺で、と言う優さんに変わって一つ一つ指定していく。



それを横目で見つめながらも「汐ちゃん、リーダーみたいやで」と感心したように言われて、ほんまに着いてきて良かったと心底思ってしまった。



「なんか見てるだけで疲れたんやけど」


「優さんはほとんど何もしてなかったやないですか」



隅に重ねられている段ボールの荷ほどきは自分達でするしかないので、上に書かれている文字を確認してから開けていく。



本、雑誌類。服(冬物)。服(夏物)。優さんの私物はそこまで多くは無かった。いらない物は処理してしまったのもあるけれど、あの広い部屋にあった私物にしては少なすぎる。



「明日はラグとか、新調するものを買いに行きましょう」


「そうやな」



部屋の中をグルリと見渡してみる。リビングキッチンは優さんのこだわりたい部分を尊重して、広々としている。物がまだ全て揃いきっていない部屋の中に、私達の声が反響していく。



あの部屋を片付けた時もそうやった。家具類を貰ってくれる方に渡したり、一つ一つ無くなっていくごとに、元の形を取り戻していった。それを優さんはこういう部屋やったんやと感慨深そうに見ていた。



ここもきっと物を置く事に、優さんの部屋として形を変えていくんやと思う。



あの場所に沢山の思い出があったのと同じく、この部屋にもまたこれから沢山の思い出がきっと増えていく。



「そう言えばさっき渡されたんやけど、これ」



封筒をひっくり返すと、手の平の中にこの部屋の鍵は2つ落ちてくる。一つはそのままに、もう一つを私へと差し出してきて。



「汐ちゃんに」


「……」



そんな、当たり前な顔をして言われると言葉に困るんやけど。



嬉しくて、恥ずかしい。



いや、これは単にマネージャーやからって事で。



「分かってると思うけど、マネージャーやから渡すとかやないから」



私の考えを見越したようにそれを遮ってしまった優さんは、私の手の平にそっと鍵を押し付けた。互いの手で覆うようにしたそれはヒンヤリと冷たい。



「汐ちゃんが俺に会いたくなった時、いつでも来れるように」


「……ま…、毎日会えるやろ」


「そうやけど、夜に一人で居るとふいに会いたくなったりせん?」


「……」


「俺はあるんやけど」



それはーーーーー私もあるけれど。



「全然迷惑やないから、会いに来て」


「……ね……」


「ね?」


「寝る前に会いたくなっても…?」


「……」


「もう絶対来ない!もう絶対来ない!」


「何で二回言うたん?」



酷いわ、と全然傷ついていないような口調で私を腕の中に抱き込むと、宥めるように背中を軽くぽんぽんと叩かれる。



そんな事されても機嫌とか直らんから。気恥ずかしい思いで言うたのに、もうほんまに絶対来―――――。



「かわええって思ってただけやん」


「………」


「寝る前でもいつでもええから、会いに来て」


「優さんって……」


「んー?」


「ズルい」


「ズルく無いやろ」



宥めるように口付けられて、その身体をぐいっと押し返す。



最近気が付いたのだけれど、優さんってあざとい。私が喜ぶ事が何でも分かっている気がしてならない。



現に今やって、ほだされて丸め込まれそうになっている。もう来ないと思っていた気持ちは呆気なく、会いたいという気持ちに変わってしまう。



寝ている時に来たらどんな顔をするんやろうとか、何の連絡も無く来ても喜んでくれるんかなとか、そんな事ばかり考えてしまう。



ジトリと睨みつける私を見て、眉間に寄ったシワを伸ばすように指先がつんと突いてくる。



口を曲げるとそれを解くように口付けられる。



「来てくれる?」


「……うん」



ああ、また丸め込まれてしまったような。やけれど嬉しそうに笑った優さんの顔を見ていると、頷いて良かったと思う気持ちの方が勝ってしまう。



私も大概単純やなあ。




----------
最後までありがとうございました。
あとがきは更新履歴の方に書かせていただきます。

ーーーーーーーーーー




夕焼けノスタルジー【完】

更新開始
2018/12/17
更新終了日
2019/05/07
  • しおりをはさむ
  • 表紙へ戻る
    作品タグ:

    作品タグ編集(最大10件)

    • 403
    • 4159
    このページを編集する