怪異と私の恋物語【完】

だが、知ってしまった。
愛する事を知ってしまった。
愛おしいという気持ちを知ってしまったのだ。


絶望。
悲しみ。
悔しさ。
痛み。
怒り。


経験した事の無い
様々な感情が交差する。
身を引き裂かれるような痛み。


こんな現実を自分は望んで居なかった。
何故、彼女でなくてはならなかったのだろう?
何故、自分は彼女を愛してしまったのだろう?



何故、なぜ、ナゼ?



悲しい。
また一人取り残されるのか。
愛の無い中をさまようのか。


思考が停止する。
こんな現実見たくはない。
こんな世界は、いらない。



もう、どうでもいい。



考える事を放棄した次の瞬間。
何かが切れる音がした。

0
  • しおりをはさむ
  • 2994
  • 107
/ 286ページ
このページを編集する