怪異と私の恋物語【完】

ふわふわ浮かぶ。

暗闇の中、浮上する。

頭に響く彼の声。



“愛しの菜舂”

“可愛らしい俺の菜舂”

“傷ついたろう?苦しんだろう?”


“戻っておいで俺の菜舂”

“俺は、お前の全てを愛してあげよう”

“生贄なんかじゃない”

“お前は俺の愛しの花嫁”

“お前の全てを愛そう”

“今までの事は、全て許そう”

“だから戻っておいで俺の菜舂”




“全てを癒してあげるから”




0
  • しおりをはさむ
  • 2994
  • 107
/ 286ページ
このページを編集する