怪異と私の恋物語【完】

~Special Story~ /怪異と私の結婚式

結婚式。
それは、全世界の女性の夢舞台。
その場の主役は、花嫁と言っても過言ではない


幸せ絶頂の大舞台。


愛する人と永遠の誓いを交わし
その証である指輪を左手の薬指に嵌め合う。
それはまるで、運命の赤い糸のようで、
私はずっとずっと憧れていたんだ。

ヴェールに包まれた花嫁。
そのヴェールのカーテンを退けてクリアになる視界の先に居るのは



愛する花婿様。



そして、二人は神の名の元にキスをし、
夫婦として誓い合う。
永遠に愛し合う事を。
ずっと相手を思いやる事を。

そして、私は今日ついに結婚する。
怪異であり、何百年も前に生まれた彼と結ばれる。
運命の悪戯か、普通ならあり得ない出会いをした私達。
種族も違えば、流れる時間も違った私達。
そんな私達は、



恋に落ちた。



0
  • しおりをはさむ
  • 2994
  • 107
/ 286ページ
このページを編集する