私の周りは金持ちばかり!?

第一章 出会い /危ない親友と人気俳優

新しい一年が始まる。
そして、新しい私の人生が幕を上げました。

お祖父様に連絡をすると、それは楽しそうに笑いました。
そして、自分にそっくりだとお笑いになられましたね。
将来大物になるぞと太鼓判を押されました。


押されたくありませんでした、激しく。


入学式。
本当に色々ありすぎました。
まずは、爽やか少年との出会い。
次は、ヤクザだけど優しい少年との出会い。
そして、氷の生徒会長の意外な一面。
180度人生変わった気がするのは気のせいではないでしょう。

質問の答えはたった一言。


『週末の会議に言うから家で待っててくれ』


というわけでお預けを喰らってるわけです。
とはいえ、本日は1学期初日。
そして本日は、金曜日。
つまり週末の会議=明日なので対して待たなくていいんですけどね!

さぁて、今年のクラスは…3年C組ですね。
ついでに生徒会長は…A組ですか。
2クラス先なので大した距離では無いですね。
ま、関係ないですが。


「風夜さぁあああん!!!」

「ぐはぁあっ!!」


み、鳩尾に華麗にタックル決まったぁっ!!
吐く、朝ご飯吐く!!
友よ、頼むから力を緩めて下さい。
いや、力を込めろとはいってないからね?
お願いいくら春が少し涼しいからって暑苦しいです。

0
  • しおりをはさむ
  • 215
  • 107
/ 95ページ
このページを編集する