離婚〜最愛の貴方へ〜(ゆっくり更新中)

同居 /11

私は都内の学校にずっと通い、長期休みしかここで過ごさなかったからよくわからないが、いーちゃんはアメリカの学校に通っていて、私が長期休みに入るときには必ず、日本に戻ってきてくれていて、この家にいた。


そのとき、美代さんは存命で、・・・元気で、美代さんはこの別荘に1人で住んでいた。


今思い返すと、美代さんはとても元気な人だった。いーちゃんという孫がいながらも、髪は真っ黒で綺麗だった。その髪を昼間はきちんと束ね、三角巾をきちんとしていた。

夏休みになると、美代さんも早めにお風呂に入り、私といーちゃんに怖い話をして、私たちを怖がらせて寝かしつけてくれた。



いーちゃんも、私にもお母さんがいなかったから、美代さんが私たちのお母さんであり、おばあちゃんだった。






0
  • しおりをはさむ
  • 27
  • 894
/ 67ページ
このページを編集する