Street black cat Ⅲ【完】

第10章:野良黒猫、飛ぶ /変貌と医者




渋々、本当に渋々頷くと高杉十悟は少し息をついて私の頭を軽く撫でた。




一応気遣っているのか、頭に触れたか触れてないか微妙のところで撫でられる。ふわふわ、手の平が柔らかく撫でていく。




悠も私が頷いたからこれ以上怒ることは出来ないみたいで、不完全燃焼なのか横に近寄ってきた聖二をぶっ叩いていた。




「いっったあああ!?」

「あ~!もやもやしますわああ!まだ怒り足りてないのですのよわたくしは!」

「だからって脇腹をグーで、ぎゃー!」

「逃げるんじゃなくってよ」

「逃げるよね!?明らかにその目は殺害をものともしない目よね!?」




騒がしい。




何でこの人達は長時間静かにしていられないんだ。



ぎゃーぎゃーと煩い部屋で、そのときノックの音が奇跡的に聞こえた。



小さすぎて聞き逃しそうなノックにいち早く反応したのは、逃げ回っている聖二だった。




救世主!とでも思ったのだろう。




「はーい!今開けます!すぐ開けます!」




聖二がドアに手を伸ばすのを悔しげに悠が見ていた。まだ不完全燃焼らしい。どんだけ溜まっていたんだ。




「どちらさまかな~・・・」




開けた瞬間、聖二が硬直した。



不審に思って私も覗き込み、固まった。




ピンクがふわふわ、揺れた。




0
  • しおりをはさむ
  • 2969
  • 2697
/ 332ページ
このページを編集する