Street black cat Ⅲ【完】

第9章:野良黒猫、触れる / ある家族の物語 














《マッキー》














名前を呼ばれたとき、俺はもう一度生き返る気がした。






目を開ければ、輝いたものが見えた。眩しくて、目を少し閉じる。












そして受け入れる。


















俺が一度、死んだことを。






0
  • しおりをはさむ
  • 2968
  • 2665
/ 332ページ
このページを編集する