この復讐は決して愛と呼ばせない

0話:オープニング






──あの時私は、誓ったんだ。

私の大切な人を手に掛けた、彼らに復讐するのだと。




──あの時私は、言ったんだ。

もう普通は望まない。

相応の罰を与えられれば本望だと。






その一心で、今日までどうにか這い蹲ってきた。

今までの日常の全てを犠牲にして、ようやくここまで来たのだから。









「あぁ、違った。正しくは──……この命を」

「もう終わりだよ……っ、遊馬千世!」






あなたを堕とせば全て解決する。

そう思っていた。そう、思っていたんだ──。








0
  • しおりをはさむ
  • 105
  • 17
/ 53ページ
このページを編集する