半券分の恋

左右 小回
恋愛 4ページ(完結) 2347字 更新日 2019/07/04 読者 145人 公開 0 0




人の多くはない館内に始まりの合図が鳴り響く。


誰しもが息を呑み、静かに閉じ行く世界に別れを告げ
新しい世界へと踏み込むのだ。




高鳴る鼓動と抱えきれないほどの期待を胸に
今日も私はスクリーン越しに想いを馳せる。






────はずだった。



  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1
  • 6
このページを編集する