君の笑顔が大切だから

章タイトル未設定

高校三年生の頃、初めて男子に告白されてなんとなく自分もその人のことが気になっていたから返事はOKをした




キスはしていたけど四ヶ月後
その場の空気で彼に押し倒され服を脱がされた時、私の体を見て手を止めた




数日後、私は彼にフラれた




「あいつの体は気持ち悪い」と学校中に広まり、しばらく学校を休んでいた





親友の真子と洋介が私の家まで迎えに来てくれて学校へ行ったら体のことの話はすっかりなくなっていて元彼やその友達から謝られた




後から聞いた話だけど私が休んでいる間、真子と洋介が元彼を殴る蹴るなどしてボコボコにしたらしい




それから真子と洋介のお陰で高校生活が楽しくなって無事に卒業できた






高校生活も終えて大学も行かず、花屋のバイトから正社員になり働いていた




ニ十二歳の時、付き合っていた彼氏がいたけど私の体を見た瞬間抱くのをやめて「ごめん」と謝られた





同じ理由でフラれたのは二回目なので私は恋にたいして臆病になった




もう恋はしないとそう決めていた











  • しおりをはさむ
  • 4
  • 0
/ 187ページ
このページを編集する