2014年7月


半年も前かな…いや、もうちょいかな…春日部会場に来た少年は六年生だった


人との接し方に、ちょっと問題があったり、オウム返しを繰り返す男の子だった

小学生時代は特別な学校に通学していたと言う


変化は直ぐにわかった


お父さんお母さんは疑心暗鬼だったと思う。ふた月目に私が「変わった」と呟いた

先ずは、オウム返しが少なくなってたぐらいなんだけど、脳の引っ掛かりが少なくなってた


3ヶ月前に、テストは30点~40点ぐらいだったと言う


ただし、答えている回答はほとんど合っていた。時間が足りないのだ


お母さんとの地道な勉強が実を結び、先月には英語で100点を取れたので、「Tシャツ」をプレゼントした

今月は中学の中間テストで90人近くの中で「20番」を取って来た


奇跡である。勿論、お母さんとの地道な勉強もあるが、記憶出来たり読解力が出て来たと同時に「人との会話」が成り立つようになってきた


彼は、特別な学校に通ってた小学生時代を今でもストレスに感じる


お父さんお母さんに私は、今までは「少しでも追い付け」って思っていたでしょう?


これからは、「まだ伸ばせ」と思いなさい


だって、1人の天才が誕生したんだから…


彼は、今凄い記憶力の持ち主になりつつあります。


映画で中居正広さんが演じたサヴァン症候群の役みたいに、全ての事を記憶出来るようになりつつあります。いや、なっている


先天的とか後天的なんて関係ない


相手が「変わった」瞬間に認めてあげる事から始まるんだ「奇跡」は


先天的な案件も沢山依頼は来る


変化を見逃したら駄目なんだと思う。



彼には「1番」を目指せと言った♪可能だと思う


もう既に「天才」なんだから

お父さんお母さんには、天才として扱って「欲しい」


(^o^;)
0
開始日 2006/12/23
更新日 2018/06/21

[0] 戻る

魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2018