手首の痛み


手根管症候群って知ってますか?

手首の痛みや指のシビレが出る病気です。あまり聞きなれない病気ですが、この手根管症候群悩まされている人は多いようです。
 


姿勢矯正をするには、整体カイロプラクティックが有効です。頭痛腰痛肩こりO脚X脚でお悩みでしたらぜひ整体カイロプラクティックを受けてみて下さい。
手根管症候群って何?

手根管症候群とは手指を支配する神経が手首の関節の手根管で神経が圧迫され手指のシビレや筋力の低下を起こす疾患です。手根管とは手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれたトンネル状の部分を言います。 


手根管症候群が起こる原因は?

手根管症候群の多くは、手の使い過ぎが原因であると言われていますが、はっきりとした原因がなくても発症することもあります。手根管症候群は女性に多く、その理由にはホルモンバランスが影響しているとも言われていますが、女性は元々手根管が狭い人が多いためだとも言われています。


手根管症候群の症状

手根管症候群の症状は、手指にシビレや痛みを感じるようになり、筋力の低下を生じます。ひどくなると母指(親指)の筋肉が痩せてきます。



プロフィール
ブログ
お手紙はコチラ

手根管症候群の検査

手根管症候を診断する方法には、知覚検査や電気生理学的検査などがありますが、自分で判断する簡単な方法もあります。 一つは、手根管のところを叩くとシビレがある指に痛みを感じます。二つ目は、ファーレン・テストという検査方法があり、手の掌を下向けて手首を下方に90度曲げます。1分程度でシビレを強感じれば、手根管症候群の可能性があります。



手根管症候群の治療

生活の指導として、まず手首を休ませることを、すすめられるでしょう。手首の固定が有効な場合もあるようです。ステロイドの注射によって、症状の軽減の軽減が期待できます。消炎剤を使うことによって鎮痛効果が期待できます。手根管症候群には、手術が行われることもあります。手首の屈筋支帯(手根管)を切ることによって、神経の圧迫を軽減する手術です。

頭痛肩こり腰痛椎間板ヘルニア背中の痛み股関節の痛み


頭痛肩こり腰痛椎間板ヘルニア背中の痛み股関節の痛み
0
開始日 2008/11/07
更新日 2012/10/25

63869.gifHP編集| HP作成 63867.gif

魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2018