一般社団法人 江戸川建設業協会 三木会 会則

2018/06/12 13:30:40

【第一条(名称)】
本会は(一社)江戸川建設業協会青年部三木会と称し、事務局を江戸川建設業協会内におく。


【第二条(会員資格)】
本会は江戸川建設業協会の会員企業に所属し、当該企業の経営に参画する役員、若しくはこれに準ずる者で入会時満45才以下の者、又は役員会で承認を得た者をもって会員とする。


【第三条(目的)】
建設業経営に関する新しい理念とノウハウ習得のための研究と啓発を行い、会員相互の情報交換により共通の利益と会員相互の事業発展を増進し、併せて相互の理解と親睦を図ることを目的とする。


【第四条(活動内容)】
第三条の(目的)を達成するため下記の行事を行う。
(1) 研修会、研究会、講習会等の開催
(2) 知識、見聞向上のための見学会実施
(3) 会員相互の融和を図るために懇親会の開催
(4) その他本会の目的達成に必要な行事の実施


【第五条(運営に関する基本原則)】
(1) 本会は自らの責任と負担によって江戸川建設業協会とは別個独立に運営、活動すること。
(2) 個人会員で構成する本会においては、会員の企業の実績、規模にとらわれず、互恵平等に立って自由かつ自主性を尊重する。
(3) 問題解決のための斬新な発想、切り口を最大限に尊重すること。


【第六条(役員)】
本会に次の役員をおく。任期は2年とし再任は妨げない。
(1) 部会長 1名 会員の互選による
(2) 副部会長 2名 会員の互選による
(3) 幹事 若干名 会員の中から部会長指名による
(4) 会計 2名 〃  
(5) 会計監査 1名 〃


【第七条(役員の任務)】
(1) 部会長は本会を代表し、会務を総理する。
(2) 副部会長は部会長を補佐し、会務に運営にあたる。部会長に事故ある時は副部会長がこれを代理する。
(3) 幹事は会員相互の連携を密にし、会務の円滑な運営を図る。
(4) 会計は会の会計を掌握する。
(5) 会計監査は毎年一回会計監査を実施し、これを定例会に報告しなければならない。


【第八条(役員会)】
本会の役員会は毎月一回部会長がこれを招集する。ただし役員が必要と認める場合はいつでも部会長に役員会の招集を請求できる。


【第九条(総会)】
(1) 通常総会は毎年一回5月定例会時に行う。
・事業報告、会計報告、会計監査報告
・役員改選(隔年)
(2) 臨時総会は役員会で必要と認めた時、及び会員の3分の1以上から請求があった場合に行うことができる。
(3) 総会は全会員の過半数(相談役を除く)の参加(委任状含む)をもって成立する。


【第十条(定例会)】
(1) 定例会は毎月一回原則として第三木曜日に行う。ただし会員の5分の1以上から会議の目的を示して請求があった時は部会長は速やかに臨時例会を招集する。
(2) 定例会は部会長または副部会長が議長を務める。
(3) 定例会の決議は出席会員の過半数によって決定し、可否同数の場合は議長が決定する。
(4) 全会員の過半数の決議によって特別部会を設ける事ができる。


【第十一条(会費)】
本会の運営のため会費を徴収する。会費は年額20,000円とし会計が徴収にあたる。なお、必要に応じて臨時会費を徴収することができる。
年会費の請求があった場合、会員はすみやか(12月1日まで)に年会費を納めなければならない。
未納の場合には、未納者本人の意思を確認の上、役員会にて会員資格の有無を議論する。
なお、未納者の処分については役員会において出席者の過半数の同意が得られた場合にはその場で処分を決定することができる。


【第十二条(決算)】
(1) 本会の会計年度は5月1日より4月30日迄とする。
(2) 会計役員は帳簿を作成して収支を明記し決算期後1か月以内に会計監査報告と共に総会に報告して承認を受けなければならない。


【第十三条(加入)】
本会に新規に加入を希望する者は、役員会において出席者の過半数の同意を得なければならない。


【第十四条(脱退)】
本会を脱退しようとする会員は、役員会においてその理由を疎明し、承認を受けなければならない。


【第十五条(除名)】
本会の名誉を著しく傷付け、または会員としての義務に著しく反する行為を行った会員は全会員の3分の2以上(委任状を含む)の同意によって本会を除名される。
この場合には既納の会費等はいかなる場合も返還しない。


【第十六条(改正手続)】
本会則の改正は総会において全会員の3分の2以上(委任状を含む)の賛成をもって行う。


【第十七条(相談役)】
会員が満50歳に達した年度末、かつ役員在任中でない限りは相談役となり、相談役からは年会費を徴収しない。ただし定例会費については、別途役員会で決定する。
尚、相談役の資格は入会より満5ヵ年より有する。


【附則(平成13年2月15日臨時総会において改正)】
(1) 本会則は平成13年2月15日より実施する。
(2) 会員の慶弔既定については下記に定める。
本人
結婚20,000円、出産10,000円、逝去10,000円、御見舞10,000円
両親・配偶者・子供
逝去10,000円

※その他必要と思われる場合が生じた時は、役員会にて決定する事ができる。


【改正履歴】
平成 4年6月18日 設立認可
平成 7年6月15日 一部変更認可
平成13年2月15日 一部変更認可
平成19年5月17日 一部変更認可
平成20年5月15日 一部変更認可
平成21年5月21日 一部変更認可
平成25年6月 6日 一部変更認可
令和 元年5月23日 一部変更認可




0

Top Page

魔法のiらんど

(C)KADOKAWA CORPORATION 2019